私たち個人でもサステナブルなファッションのために今すぐできること

Make my fashion

サステナブル(Sustainable=持続可能な)ファッション
自然環境や労働者人権などが問題視され、ファッション産業でも意識が高まる動きが目立つようになりました。

地球環境というと難しく聞こえてしまいどこか他人事になってしまいそうですが、今日今すぐにでも個人で始められるサステナブルな動きもあります。

地球にも人にも優しくあるために、私たちができるサステナブルなファッションへの身近な取り組み方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ファッション業界のサステナブルが意識される理由

サステナブル(Sustainable)ファッションとは、持続可能なファッションという意味。
自然環境に配慮し労働者の人権も守るといった、地球にも人にも優しい取り組みのことです。

国連の『持続可能な開発目標=SDGs(Sustainable Development Goals)』からファッション産業でのサステナブルな取り組みへも意識が高まるようになりました。

大量生産、大量廃棄

ファッション産業は、大量生産された服が大量廃棄されることが問題視されています。
服作りの工程から廃棄されるまでの流れの中で環境汚染を引き起こしてしまっているからです。

それに加えて労働者の人権が守られていないことや、生産背景が不透明であることも世界規模の問題となっています。

トレンドに合わせて大量に作っては大量に捨てる行為を繰り返す、その生産背景はとても悲しいことですが地球にも人にも優しいものではないのです。

私たち個人にできるサステナブルファッションの取り組み

サステナブルなファッションを意識しよう!と聞くと難しく感じられてしまいそうですが、地球環境に配慮した取り組みには今すぐにでも私たち個人にできるものもあります。

自分が暮らす地球を守るため、小さいことからでも動いていきましょう!

洋服をむやみに捨てない

生産というほどの大きい規模でなくたって、個人の小さい規模の中でも買っては捨ててを繰り返すことは環境汚染に手を貸しているのと同じこと。まずはその意識を持つことが大切なのだと思います。

自分の中で大量買い→大量処分の流れができてしまっているのなら、まずはシーズン毎の使い捨てをやめてみて。「使い捨て」の負のループを断ち切る一歩です。

買わないようにすることで今持っている洋服に目が向き、最大限活用することができるようにもなりますよ。
新しい着こなし法を考えたりこれまでしたことのない組み合わせを見つけたり、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

長く愛用するためのお手入れ

少しのほつれくらいならお直ししたり、毛玉や汚れはクリーナーなどで除去したりして長く愛用することを意識してみるのも良いですよね。自分の身にまとう洋服を大切にすることは自分を大切にするのと同じこと。お手入れの時間さえも愛おしく感じられてきます。

ウールなどは洋服ブラシでブラッシングしてあげると長持ちします。

 

洗濯するときは生地の表面を傷つけないように裏返してネットに入れたり、特別な洋服だけでも手洗いしたり(このときお風呂の残り水で洗えばより環境に優しい!)、おしゃれ着洗剤を愛用するなどちょっとしたことでも長持ちするようになりますよ。

 

アウターや靴やバッグなどには防水スプレーをして、そもそも汚れをつきにくくしておくこともおすすめです。

自分らしいファッションを確立しておく

一着を長く愛用していくためには自分らしさを把握して『自分だけのファッションスタイル』を確立しておくことが必要不可欠です。

自分らしくないファッションは心から満足できないためすぐ飽きてしまい、次々新しい洋服を手に入れては捨てる流れができやすいですし、そうなっていても心からの充実感は得られにくいもの。

自分らしいファッションスタイルは見た目だけの話ではなく、内面にも関係することです。心から満たされる自分らしいファッションスタイルはいつでも今の自分に満足できたり、自信が持てたり、気持ちが豊かになるものだから。

自分らしいファッションスタイルについてはこちらも見てみてくださいね。

私が行っている【内面の一番外側を磨くファッションコンサルティング】は、『自分だけのファッションスタイル』を一緒に見つけて、おしゃれすることを楽しんだり心を豊かにするための”ファッションの土台”を整えるコンサルティングです。

自分らしさが見つかるとトレンドに流されることなく長く愛用していけるアイテムが分かるようになりますし、使い捨てのループも断ち切ることが可能。自分らしいファッションを見つけることは、サステナブルなファッションにも繋がっていくことなのですよね。

自分らしいファッションスタイルの確立のためにまずはワードローブと向き合い、持っている全てのアイテムを把握してお気に入りを厳選していきましょう!

まず断捨離してみる

自分らしいファッションをつくる上で、今持っている洋服たちを一度見直す必要があります。
トレンドの流れやなんとなくで選んでしまったアイテムは着たくなくなるもの。このタイミングそういったアイテムは手放す対象にしていきましょう。その選別をしていって本当にお気に入りのアイテムを見つけていくことが自分らしいファッションスタイルをつくる一歩に繋がりますよ。

一度しっかりリセットすることは、そのあと次々買って心が満たされない→捨ててまた買ってしまう、という悪循環から抜け出すきっかけになります。悪循環を断ち切り、ここからスタートするためにもおすすめです。

断捨離対象になったアイテムは捨てずに使える方法を考えていきましょう!

洋服をリユースする

リユースとは、ごみにしないで繰り返し使うこと。
自分のお気に入りアイテムを厳選して洋服を手放すときは、古着屋さんやフリマなどで売ったり、リサイクルショップへ持って行ったり。寄付するというのも良いですよね。

洋服をリサイクルする

手放したい洋服をリサイクルして再利用する手もあります。

別のアイテムへ作り替えたり、小さくカットしてウエスとしてお掃除などに使ったり。
布を使えるものはないか?と考えていくと意外と色々なものに代えられるのでごみとして捨ててしまう前に一度考えてみるのがおすすめです。

洋服は厳選して購入する

ただ安いからという理由で選んだり、トレンドだからという理由で洋服を買ったりするとそのアイテムを手放す日は近くなってしまう可能性大ですよね。

なんとなく選ぶよりもよく厳選して本当に好きか自分に問いかけてみてから買う、というのも一着一着に向き合う上でとても重要なことです。

古着やヴィンテージを買う

古着やヴィンテージの洋服を買うこともサステナブルファッションの一環になります。
誰かから受け継がれたアイテムを着ることで「一着を長く愛用する」ことを自然と行えるというわけです。

私も古着やヴィンテージも好きなのでよく着るのですが、周りの人とかぶらない個性を打ち出しやすいですし、今のトレンドの流れとは違う品格や風格が醸し出せる気がしています。唯一無二のスタイルを築きやすいです。
お買い物していても、自分にぴったりの一着に出合えたときの気持ちの高まりは他では変え難いものがありますよ。

サステナブルなファッションへの第一歩はすぐ始められる

おしゃれしながら地球にも人にも優しいなんて最高ですよね!とてもハッピーな流れだと思います。
何より大好きなファッションが、地球や人に優しくないものという事実を変えていきたいところです。

環境問題と言うと難しく感じてしまうものも、私たちの日々の選択で変えられるものがあると思えばハードルはぐっと下がる気がします。
難しく捉えて何もしないより、ちょっとした心がけでもできることから始めてみる。
その意識や行動力が大切かななんて思うのです。

優しくおしゃれにファッションを楽しんでいきたいですね。

▽パーソナルスタイリストChiharuが行うファッションコンサルティング詳しくはこちらから!

タイトルとURLをコピーしました