すっきり快適なワードローブの作り方!残すべき服と手放す服

Fashion
スポンサーリンク


服選びに時間がかかってしまう方、クローゼットが溢れかえるほどの洋服をお持ちではないですか?
コーディネートが決められない原因として、手持ち服が多すぎることが挙げられます。


私も職業柄たくさんの服を持っていたのですが今は7割ほど手放して、より厳選したワードローブで快適に過ごしています。たくさん洋服を持っていた頃より服選びに時間がかからず、より自分らしいスタイリングになり、気持ちもすっきりして…良いこと尽くしです。
必要なアイテムを見極め絞りこむ、ワードローブの揃え方をご紹介します。

スポンサーリンク

ワードローブの作り方


お気に入りの洋服ばかりのすっきりとしたクローゼット、憧れますよね。
洋服の数は多ければ多いほど良い、おしゃれになれる、訳ではありません。


「服選び」を、悩む時間から幸せな時間へと変えるべく
思い切って断捨離したり、見直したりして、徹底的に今ある全ての洋服と向き合い
本当に必要な物は何か?見極めていきましょう。

アイテムを偏らせない

ワードローブには何がどれだけの枚数があるのか、把握しているつもりでも
改めて全てに目を通してみると
好みのデザインや色など似た服が多くあり、偏って揃えていた、なんてことはありませんか?


似ているアイテムは厳選して1〜2着に絞り、着こなしに変化が出るようなワードローブを意識しましょう。
目を通して確認しても良いのですが、アイテム別に持っている枚数を書き出してみると、より把握しやすいですよ。


断捨離方法は『服の断捨離でお気に入りだけのクローゼットと気持ちのゆとりを手に入れる』でもご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

自分の行動パターンに合わせて

滅多に出向かない場所専用の服をクローゼットにしまってしませんか?

年に数回しか着ない服…例えば、リゾート地でしか着ないワンピース、パーティでしか着られないドレスなど。
冠婚葬祭は別として、出番が少ない洋服をたくさん保管することは、お手入れの手間も大変で、なおかつ無駄に収納スペースを取られてしまうので省きたいポイントですよね。

普段の生活で必要な服をメインに揃え、それ以外の服は2枚まで!と枚数を絞るなどして減らすようにしましょう。

着回し力

アイテム数を絞ったワードローブの中では、着回し力があるアイテムかどうかは重要なポイントです。
使い方が難しい服、コーディネートが思い浮かばない服、1パターンの着こなししかできない服は手放し対象です。


服を買い足したいときも、まずは手持ちの服との相性を考えてみて、3パターン以上コーディネートがイメージできる服を選ぶと失敗が少ないですよ。

新たに別の何かを買い足さないとコーディネートが成立しない服は着回しがしづらく、着なくなってしまう可能性が高いのでやめておいた方が良いですね。

汎用性のある服

様々なシーンに着ていける汎用性のある洋服を選んで持っておけば、シチュエーション別で洋服を揃えておく必要がなく、普段のワードローブで対応できるようになるのでとても便利です。


例えば袖付きの黒やネイビーのワンピースは
アクセサリー次第で雰囲気を変えられるようなシンプルなデザインのものを選ぶ。
そうすれば、結婚式などのオケージョンにも、子供の参観会など少しフォーマルにしたい集まりにも、カジュアルなパーティにも、ラフなコーディネートにして普段使いにも…
ざっと出すだけでもこれだけの出番があります。


想定できるシーンをイメージしてみると、より快適なワードローブを揃えることができますね。

好きと使えるが詰まった快適なワードローブへ

「どんな服とも相性が良い服」だけが全てではないので、着回しできる服しか揃えてはいけないということはなく、お気に入りの奇抜なアイテムや、着回しできない服を持っていおくのも全然ありです。
そのような好きが詰まった服も、ファッションを楽しむために必要ですよね。


重要なのは、持っている服に向き合い、今の自分に合っているかどうかを考えてみること
より快適に過ごすために必要な、使えるアイテムを揃えていき、ストレスフリーで幸せに服選びができるワードローブを作ること、です。

自分のワードローブを客観的に見つめ直し、残すべき服と手放す服を厳選していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました