30代着る服に悩むようになったときのファッション法!クローゼットを見直そう

Fashion
スポンサーリンク


30代になり、今まで着ていた服が急に似合わなくなったと感じること、ありますよね。
もしかして、20代の頃に買った洋服をそのまま着ていませんか?

何を着ていいのか悩むようになったら、自分にとって本当に必要なアイテムを探る絶好のチャンスです!

自分と向き合い、クローゼットを見直し、服選びに毎日苦戦することなく、自分らしくファッションを楽しむ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

急に何を着ていいか分からなくなる問題


今まで着ていた服に急に違和感を覚え、何を着ればいいのか悩んでしまう。
ふと鏡を見たときに、今日の服似合ってない…?と感じる。
朝の服選びに時間がかかり、好みだったはずの服が急に着たいと思わなくなる。


30代になって、そんな風に感じたことはありませんか?


20代から年齢を重ねて大人の女性になり、少しずつ体型も肌質も変化していて
自分では気づかないうちに好みも変わっていることさえあります。

それなのに、ファッションは20代の頃のまま。

それがファッションに悩んでしまう、何を着ればいい分からなくなってしまう原因です。
一度自分が持っている洋服を見直してみましょう。

本当に必要な服だけ厳選する方法

ベーシックに戻ってみる

好んで揃えていた服の系統やブランドがあるかもしれませんが、服に悩むようになったら一旦テイストはスルーして
ベーシックアイテムでのコーディネートをおすすめします。

無地のTシャツや装飾のないプレーンなニット、ボトムスはシンプルなジーンズやスラックスなどにして
色もベーシックカラーが良いですね。

服に悩むようになったときはまず、【今の自分】を知ることが一番です。


これまで着ていたテイストやブランドの世界観に影響されてしまうと、今の自分が見えてこないので
一度フラットな状態に戻るという意味で、ベーシックな服を着て過ごしてみましょう。

シンプルな中に身を置くと自然と着たいと思う服や色が出てきたり
だんだんと今の自分の気分や状態が浮き彫りになってきますよ。

服の断捨離をする


今すでに、「これは違う!」と明確に感じている洋服があれば潔く手放しましょう。
クローゼット内を全て入れ替えるような意気込みで手持ちの服を仕分けしてみると、
なんとなく着ている洋服が多いと気付くのではないでしょうか。

愛着があっても、高い買い物だったとしても、今の自分にフィットしていなければ不要な服です。


自分に厳しく仕分けしていきましょう。
服の断捨離でお気に入りだけのクローゼットと気持ちのゆとりを手に入れる』で
断捨離方法をご紹介していますので参考に見てみてください。

 

不要な服を仕分ける際に、憧れの姿を思い描くことも必要。おすすめの本です!

フランス人は10着しか服を持たない

 

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

 

先を見越して買い物する


断捨離してクローゼットないがすっきりしたら今度は、今の自分に必要な服が欲しくなってきますよね。
でもお買い物の前に、一呼吸おいてみてください。

今持っている服でも意外と過ごせそうではないですか?
無駄な買い物を繰り返さないためにも、お買い物には慎重になりましょう。



冷静になっていざお買い物をするときに、是非意識してほしいことがあります。
それは、「今年だけで終わらない服」を選ぶことです。
具体的には4~5年先も使える服が理想ですね。


特にコートなどのアウター類やバッグなどの値が張るものに言えることですが、
数を多く持たないアイテムだからこそ、上質で数年先も着られる・持てるアイテムを選ぶことで

大人の女性にふさわしくどんな場面にも対応できる、安物買いの銭失いで無駄買いにならない、
さらに少し年齢を重ねたときにも堂々と着ていられますよね。

いつでも楽しくファッションに向き合おう

クローゼットには今の自分が好きなもの、今の自分に似合うものだけ揃えることで

服選びに悩むことなく、持っている服に満足しつつ、いつでも自分らしいおしゃれができますよ。

30代、自分に向き合って自分を知って、クローゼットを見直して
ファッションが悩み、ではなく、毎日の楽しみに変えていきましょう♡

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました