アイテムを買い替えよう!定番の洋服こそアップデートし続けたい理由

ワードローブ・アイテム

自分に馴染む定番の洋服はつい長年着てしまいがち。
流行に左右されないベーシックアイテムだから長く着ていても問題ない、と思ってしまうところですが「定番アイテム」にもトレンドの流れに合わせたデザインやシルエットなどの変化があります。

そして月日の流れとともに自分自身も年齢を重ね、少なからず変わっているものです。
その変化に合わせた洋服のアップデートも必要。

垢抜けたおしゃれ、素敵に魅せるファッションのためには、数年着ている洋服や定番アイテムの定期的な見直しが欠かせません。

定番の洋服こそアップデートしたい理由、アイテムを買い替えるメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

定番の洋服のアップデートが必要な理由とは?

トレンドによる洋服の変化をとらえて

ベーシックアイテム、「不朽の定番スタイル」ってありますよね。
ジャケットやトレンチコート、シャツ、カットソーTシャツ、ジーンズ、などなど。

アイテムとしては時代を超えて愛される定番服ですが、何年も前から形が全く変わっていないなんてことはありません。
シーズン毎に素材の変化があり、シルエットの変化があり、デザインの変化があり、色出しの変化などもある。

長年同じアイテムを着続けていると、なかなか変化に気が付きづらいものです。

例えばジーンズ。
言わずもがな定番アイテムですが、シーズン毎にトレンドのシルエットの変化は大きくあります。

だからと言って毎年買い替えるべき!と思っているわけでもないのですが、見直さず放置することは危険かなと思います。
今持っているものを放置せず、着用してみて「イケてるか?」とチェックを入れることで、知らない間に着こなしが古くなっていた…なんてことを回避できますよ。

自身の年齢の変化に合わせて

年齢と共に体型が大きく変化した場合は必然的に洋服を買い替える必要が出てくるので、むしろ新しい自分へのアップデートがしやすいです。
体型が昔と変わらないという場合ほど、昔の服も着れてしまうので要注意!

年齢と共に人の身体は確実に変化しています。
それは悪いことではなくて、とても自然なこと。
前向きに受け入れてむしろその変化を楽しみたいとすら思いますが、ボディラインの変化に合わせた服選びはおしゃれにとって大事なポイントです。

合っていない、馴染んでいないと感じるシルエットは「しっくり」こないのですよね。
しっくりこないアイテムはアップデートのタイミング。

逆に「しっくりくる」着こなしは、それだけで垢抜けた印象を与えます。
おしゃれとは対極の、野暮ったさや古い印象にならないように、定番アイテムを着用してみて後ろ姿も横からも全身をくまなくチェックするのがおすすめです。

買い替えで古くなっていることに気付ける

定番アイテムで、丈夫なもの。
例えばジーンズやジャケットなどの消耗しづらいアイテムは特に長年同じものを着てしまいがち。

昔っぽいサイズ感だと、コーディネートが途端に古く見えてしまいます。
長く愛用している自分の定番アイテムは、新しいものへの買い替えだけで着こなしを一新できることも。

また、カットソーやシンプルなセーターなど、定番アイテムとして持っているものも見直すように意識しておくと、ちょっとしたヨレや毛玉などにすぐ気が付けるようになります。

マイベーシックアイテムも定期的にアップデートするのがおすすめです。

定番の洋服やマイベーシックアイテムこそアップデートしよう

新しいアイテムを迎え入れるわくわくは楽しいものです。
でも今持っている洋服を点検してアップデートして、自分の定番を整えておくことは新しいアイテムをより素敵に見せられる土台が出来上がるということでもあります。

自分の定番の洋服、マイベーシックスタイルのアイテムを見直して買い替えることは、スタイル自体がアップデートされてこれまでよりおしゃれに輝く雰囲気を手に入れられるかもしれません。

私が行っている『内面の一番外側を磨くファッションコンサルティング』ではマイベーシックスタイルのご提案もしています。迷わず着られる自分らしい着こなしがあることは、日々の気持ちのゆとりにもつながっていきますよ。ご自身の着こなしを見直したい方もぜひお越しくださいね。

自分自身と、自分のワードローブの洋服を定期的に客観視して、アップデートしていきましょう!

 

▽パーソナルスタイリストChiharuが行うファッションコンサルティング詳しくはこちらから!

▽こちらもぜひチェックしてみてくださいね!
「内面の一番外側を磨く」私について

Twitter]日常のことや最新記事のお知らせなど発信してます。お気軽に遊びにきてくださいね。
note]ファッションや生き方、前向き思考のことなどのエッセイも書いてます。