ワードローブの洋服を適正枚数に保つことでおしゃれになれて心が満たされる

自分らしいファッションの見つけ方

ワードローブ内の洋服を自分が管理できるだけの枚数に絞ることで、持っている全ての洋服を大切にすることができます。
大切にしている洋服に身を包むことは自分自身を大切にすること。
それは心が満たされて、充実感を得ることにつながります。

そして洋服を厳選することで自分のファッションをブレずに楽しむことができるようになり、おしゃれになれます。

自分の手持ち服を適正枚数に保つことでおしゃれになれる理由、心が満たされる理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

「自分の適正枚数」を保つことが大事

適正枚数とは、自分が管理出来るだけの枚数のこと。
大事にできる範囲ということですね。

持っている洋服一着一着全てに目が行き届く枚数を保つことで、生地の傷みなどにも素早く気づけるようになるので常に一番良い状態を保つことができます。
大事にしている洋服を着ることは、自分自身を大事にするということ。
ファッションの力から満足感や充実感を得ることができます。

そして不必要に洋服を増やしたくなくなるので、余計なもの・結局着ないものなど無駄なお買い物をすることが減ります。その結果、毎日の服選びも快適になるのですよね。

 

洋服を管理できる枚数に保つことで心が満たされる

洋服の適正枚数は人によってさまざま。
なのでミニマリストでなければいけないとかたくさん持っていることがだめ、というわけではありません。
けれどあまりにも多すぎる洋服がクローゼット内で溢れている状態では管理が疎かになり、ヨレたり傷んだりしている服に気付きづらくなってしまいますよね。

どれほどおしゃれなファッションをしていても、Tシャツの衿元が伸びきっていたり、毛玉だらけになっていたり穴が開いていたりしてはおしゃれが台無しになってしまいます。

少ない枚数でもローテーションを組める多めの枚数でも、管理が行き届いた洋服であることは品良く見せる上でも重要です。そして大事にしている服を身にまとうことは、自分自身を大事にしている感覚があって気分が良いもの。心が満たされ充実感を得ることができますよ。

全ての洋服を管理できる枚数に保つことでどんな服があるかしっかり把握することができ、スムーズな服選びにも役立ちます。枚数に制限はないけれど管理出来て一着一着を大切に出来る量、「自分の適正枚数」に抑えることが大切です。

 

大切にしたい服だけ残す断捨離でおしゃれになれる

断捨離してもなかなか洋服が減らない、クローゼットに洋服が溢れていて毎日コーディネートに悩む。
それは本当に好きな服・一軍のお気に入り・確実に使うものに絞り切れていないからだと思います。

大切にしたいと思える洋服だけを残して、全ての服のケアができたりお手入れを怠らずにチェックできたりする枚数に絞ることで、いつどの洋服を着ても気持ちが高まるようになれます。

せっかくの断捨離を成功にするべく、自分の適正枚数にしっかり厳選しましょう!

 

愛着を持っていられる適正枚数を保とう

自分の適正枚数を保てるようになると、コーディネート決めは快適になり、お買い物での失敗も減ります。
そして何よりファッションの力から毎日充実感を感じられるようになりますよ。

自身の大切な洋服、全てに愛着を持っていられる適正枚数を保ちたいですね。

▽パーソナルスタイリストChiharu/ワードローブ内のアイテムを一緒に確認しながら整理して、残すアイテムを使って全身コーディネートのご提案しています。効率良くワードローブを整えたい方、お手持ち服を最大限活用したい方などにおすすめ。詳しくはこちらをチェック!

▽ご提供中のメニュー一覧はこちらをチェック!