ファッションコンサル「内面の一番外側」の意味

FASHION

パーソナルスタイリストChiharu のファッションコンサル、
メニュー名は【内面の一番外側を磨くファッションコンサルティング】と言います。

 

ここで言う「内面の一番外側」の意味とは?
心の充実と見た目の輝きは繋がっているということを伝えるため、このメニュー名にしました。


今日はこの意味を詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

内面の一番外側とは?

私は、ファッション=内面の一番外側という言葉がぴったりだと思っていて、人の見た目には内面である心が反映されるもの、そして外見から心へ影響を与えることもできると思っています。

おしゃれをすることで気持ちが明るくなったり、心に寄り添うおしゃれを楽しむことで自分に自信がついたり、内面が充実すると外見にまで溢れ出るオーラが生まれることも。
心へ影響を与える外見と、見た目の輝きが増していく内面の充実。
ファッションの力で、そんな好循環ができます。

 

無意識でいることは簡単だけど、心の豊かさを意識して追求していくと日常が輝くものに変わります。
それほど人の心は装いによって影響を受けるのです。
ファッションは自分の魅力を今よりもっと高めることができる存在です。

 

関連記事:こちらもぜひ▷内面の一番外側をつくる人

自分の気持ちを反映させた着こなしをすること

ただおしゃれをすることやただ見た目を着飾ることは誰にでもできるもの。
けれどそこに自分の気持ちが入っていなければ真の輝きが生まれることはありません。

流行りのものを着る、どこかで見かけたスタイリングを取り入れてみる、カテゴリー分けされた服装、なんとなく選ぶ装い…そういった「自分の好きな気持ち」を一切無視した着こなしでは心が浮き立つ感覚を味わうことはできないものだから。

ファッションは外見だけど、それは内面の一番外側の部分。
ただ見た目を整えるだけじゃなく、心と繋がる外側を磨いていく。
そんなファッションの力を伝えていきたくて、メニュー名を【内面の一番外側を磨くファッションコンサルティング】としました。

 

関連記事:こちらもぜひ▷真のおしゃれは心の豊かさから

心が豊かになれるファッションで魅力を引き出す

外見コンプレックスの強かった私は、ファッションを整えることで自分に自信が持てるようになり心が救われました。

心の状態を考えるとそのコンプレックスはほとんど解消できたと言ってもいいくらいプラスへ転換していますが、今でも「ファッション」は生きる上でなくてはならない存在。
私が私らしくいるために、ありのままの自分に自信を持っているために、必要不可欠な存在なのです。

 

心が豊かになるファッションの力から得た自身の感情の変化に加え、ファッションデザイナーとしてお仕事してきた経験を活かし、同じように思い悩む方の力になれたら…魅力を隠してしまっているもっと輝くべき人の力になれたら…そう願っています。

一緒に内面の一番外側を磨いて、自身の魅力を引き出していきましょう!
自分だけのファッションをしたいと心に向き合い、内面の一番外側を磨いてみると、きっと今よりわくわく楽しい日々を過ごすことができますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました