洋服のベースカラーの決め方!おしゃれなコーデに必要な軸色

Make my fashion

洋服のデザインやシルエットは似合っているはずなのに、全身でコーディネートを見るとどこかしっくりこない…。そんな経験はありませんか?そう感じてしまうのは使用しているベースカラーが馴染んでいないからかもしれません。

おしゃれな着こなしに色選びはとても重要ですが、一つひとつのアイテムを単体で見るだけではバランスが取れないものです。ベースカラーを見直して決めた軸色に沿ってアイテムを揃えていくと、ぐっとおしゃれ度が高まりますよ。

洋服のベースカラーの決め方、使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

ベースカラーの重要性

洋服を決めるときによく選ぶ色、よく着る色などはありますか?

ベースカラーはコーディネートの主軸の色としてスタイリングをまとめる役割がある色です。
特に足元やバッグなどの引き締めに使う色をイメージしてもらうと把握しやすいと思います。

コーディネートはさまざまなアイテムを組み合わせて作り上げるものです。そこで色の相性が悪かったり自分に合わない色だったりすると、どれほど素敵な洋服でも素敵に着こなすことはできなくなってしまいます。

自分にしっくり馴染む、軸色となるベースカラーを決めておけばコーディネートがちぐはぐになりにくいです。そのためベースカラーを自分に合うものに決めておくことは、おしゃれへの近道になるのですよね。

ベースカラーの決め方

ベースカラーは「ブラック・ネイビー・ブラウン・グレー・ホワイト」が他の色と幅広く馴染みやすく、組み合わせやすいのでおすすめです。

ブラック・ネイビー

まず「ブラック」に関して
強い印象を与える色なので馴染む・馴染まないの差が出やすい色です。
広い面積で使うと顔が負けてしまうという方は黒の面積を狭めてポイント使いにすると合わせやすくなります。


または黒の代わりに「ネイビー」を使うのもおすすめ。

黒は万能なようで実は雰囲気に合わない場合があるのですよね。
色で締めたいけれど黒は強すぎる。そんなとき黒の代わりとして使える万能カラーとしてネイビーがおすすめです。

以前友人から「黒が馴染まない気がするのだけどどうしたらいい?」と相談されました。
詳しく話を聞くと「足元やバッグ、コートなどを黒で揃えがちだったけれど、他のアイテムとの相性が悪いのかどうにもしっくりこなくて…」とのこと。

主軸となる色としてネイビーで揃えることを勧め、それから靴・バッグ・コートなどのアイテムをネイビーで揃えてくれました。柔らかい雰囲気を持った女性なのでやはり黒よりネイビーの方がしっくり。彼女も見え方が変わったことに驚きとても喜んでくれていて、それからはネイビーを基準に選んでいるそうです。

自分も当てはまるかも…という方は試してみてくださいね。

ブラウン

「ブラウン」は、黒の合わない方におすすめ。
ネイビーとの相性も良いので、2カラーをベースにしても馴染みやすいかと思います。

靴やバッグ、コートはキャメルやベージュといった茶系が多くあるので、今すでにお手持ちのコートの色に合わせた茶色でベースカラーを揃えても良いですね。

グレー

「グレー」は濃淡によって印象が異なりますが、濃色であればネイビーと同じように強過ぎない締め色として使うことができます。淡色は全身の抜け感を出すためにも使えますし、他の色との相性が良く基本的に合わせやすい色です。

濃淡を使い分けながらコーディネートに上手く取り入れることでおしゃれに見せることができますよ。

ホワイト

「ホワイト」は、言わずもがなどんな色にも合う万能なベースカラーです。

締め色と言うと黒などの濃い強い色をイメージしがちですが、そこを白に変えるだけで一気に抜け感を演出することができます。靴やバッグなどが白になるだけでコーディネートが軽やかに印象になるのですよね。

重たい雰囲気を変えたいときに特におすすめですよ。極めて淡いトーンのグレーなら白と同じように使うこともできます。

ベースカラーを決めておしゃれしよう

あらかじめ自分にしっくりくるベースカラーを決めておくことで、まとまりの良いコーディネートをすることができます。

一色に絞らなければならない訳ではないので、数色のパターンを揃えておくのも様々な雰囲気のスタイルを楽しめておすすめです。
コーディネート内で色がごちゃごちゃするとまとまりが悪く見えてしまうので、自分のベースカラーを意識して統一感のあるおしゃれを目指したいですね!

全身のバランスを整えることでおしゃれ度を高めていきましょう。

▽ファッションスタイルを見つけるコンサルティングなどしています。パーソナルスタイリストChiharuご提供中のメニュー一覧はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました