幸せ度を高めるやりたいことリストを作ろう!時間を有効活用して楽しく過ごす方法

Life
スポンサーリンク

日々やらなければならないTODOに追われて、やりたいことができない…なんてことはありませんか?自分がやりたいことをリストアップしてみると、毎日が充実して時間も有効活用できるようになります。忙しい日々の中で、もっと幸せ度を高めて、ワクワクする楽しい時間を自ら増やしていくための、やりたいことリストの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

やるべきことではなく「やりたいこと」

やらなければいけないTODOはこなしていても、自分が「やりたいこと」は日頃意識していますか?
「やりたいことリスト」はやるべきことではなく、自分が楽しい、ワクワクすることをリストアップするものです。
日々TODOに追われていると自分がしたいことが何なのか考える時間も取れない、忙しさからやりたいことは後回し、なんてこともありますよね。

でも毎日を充実させて幸せ度を高めるためには、自分の気持ちに正直に、心がやりたいと思うことをするべきなのです!貴重な時間を最大限に活用できる「やりたいことリスト」を計画していきましょう。

やりたいことリストの作り方

本当にやりたいことに目を向ける

やるべきことではなく、やりたいと思うことを書き出していきましょう。
日頃意識していないとリストアップするのも大変かもしれませんが、心の声に耳を傾けて、本当にやりたいことを思うままに書いてみてくださいね。どんなに些細なことでもかまいません。
例えば…

・高級フェイスマスクを贅沢に使う!
・デザートを好きなだけ食べる!
・初めて作るお菓子に挑戦する!

など、以前からやってみたかったこと、したいと思っていたことなど何でも良いですよ。
思いつく限りたくさん書き出して見てくださいね。

いつでも見るようにする

一覧に書き出せたら、毎日必ず見る手帳やノート、またはデスクに貼るなどして意識的に目にするようにしてください。まとめただけでは日々の忙しさに流されて、いつの間にか記憶の片隅に追いやられてしまいます。自分がやりたいことを把握して、常に意識することが大切ですよ。

自分のアポをとる

やりたいことリストを行う日を決めて、予定としてスケジュールに組み込んでしまいましょう。自分時間をあらかじめ確保しておくということですね!日程を決めてしまえば、つい後回しにしてできない…なんてことも防げます。もっと詳細を決めたい方は、その日の行う時間まで決めてしまえば1日の時間をより有効活用できますよ。

隙間時間にできることをまとめる

やるべきことが多すぎて、やりたいことをする時間を確保できないという方は、ちょっとした隙間時間にやりたいことを詰め込むのもおすすめです。忙しい毎日でも、用事や作業が早く終わることや、人との約束が前後して急に時間ができることってありますよね。5分でも良いので、意識してみると意外と隙間時間は見つかるものです。


そんな貴重な空き時間ができた時にやりたいことリストをまとめていないと、ボーッとしている間に時間が経っていたり、ついスマホを見てしまったりして、もったいない時間の使い方をするはめになってしまいます。
やりたいことを詰め込んで空き時間もうまく利用していきましょう。


やりたいことは時間単位で分けておくと、隙間時間を有効活用しやすくなります。5分空いた時はこれ、20分の時はこれ、といった具合でまとめると、都度考えなくて済むのでより効率的ですね。

自分の心に正直に生きる

思うままにやりたいことをやる時間は、幸せを感じられますよね。
やるべきことをこなすだけの毎日ではストレスが溜まりますし、疲れてしまいます。
幸せ度を高めるためにも、やりたいことをしてストレスを溜めないようにしていきたいですね。
楽しい時間やワクワクする気持ちは、自ら求めて、自らつかみ取っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました