お家の中で身体を動かす!ながらダイエットを生活に取り入れよう

Make beauty

お家で過ごす時間が長くなって、運動量が減ってきていませんか?
外に出ないと必然的に歩く時間も減って、意識していないと身体を動かすこともなくなってしまいますよね。健康上も良くないですし、ボディラインにも影響してきます。
かといって忙しい毎日。日常的に運動の時間を確保するのは難しい…という方は、是非生活の中に運動習慣を組み込んで、ながらダイエットで身体を動かしましょう!
お家にいながら、日常生活の中に運動を取り入れる、ながらダイエットのアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

ルーティンに組み込む

座ってばかりなど同じ体勢で何時間も過ごしていると、身体が固まってしまいますよね。凝りやむくみの原因になるので、30分に1回は立ち上がり、軽くストレッチなどして身体をほぐすようにしてみてください。
何かをするとき、したあとにセットで身体を動かすようにして、運動をルーティン化するのもおすすめです。トイレに立ったらストレッチ、飲み物を取りに行く時に筋トレ、など立ち上がったときに身体を動かすクセをつけると忘れずに習慣として取り入れることができますよ。

〜しながら動く

家事をしながら

掃除機をかけるときは足を踏み込んで全身を動かして。床のぞうきん掛けをしながら部屋を往復したり、窓拭きをしながらスクワットしたり、掃除を頑張ると部屋もきれいになって、それが運動にもなる、メリットばかりですよね。料理中や食器洗いのときにはお腹とお尻に力を入れてみましょう。家事は運動量を増やすチャンスです。いつもの動きにプラスしてできることを、少し意識してみてくださいね。

お手入れをしながら

毎日する自分のお手入れも、意識するだけで運動時間になります。歯磨きしながら爪先立ち、髪をブローしながら身体をひねってウエストをシェイプしてみるなど、生活の中にダイエットを取り入れてみてくださいね。

息抜きしながら

ごろごろテレビを見ながらストレッチをしたり、音楽に聞き入っている時にダンスしてみたり、リフレッシュしながら身体を動かすこともできます。息抜きが運動にもつながるのなら、休む罪悪感もなく、身体を動かしていることで自己肯定感も満たされますよね。ストレス発散も兼ねて思いっきり息抜きしながら、身体を動かす意識も持ってみてくださいね。

常に美しくいる意識を持つ

ダイエットしなきゃ!と意気込んでハードな内容を設定して続けられなくなってしまうより、毎日少しずつでも動いて楽しく継続する方が効果的です。

お家にいると人に見られることもなく、なまけてしまいがちですが、いつ誰に見られても良い姿で過ごすことが大切ですよ。いつでも美しくいることを意識してみてください。そうすれば猫背になっている姿勢も正してピンと背筋を伸ばしたり、スマホ首で下向きがちな顔を上げてフェイスラインにも気を配ったり、常に意識して過ごすことで美しい姿が定着していきます。正しい姿勢は体幹を使うので、自然と筋トレにもなりますよ。

自分のために常に美しくいる、という気持ちで過ごすことが、生活の中で身体を動かす意識を持つコツです。
ながらダイエットで運動量をアップして、いつでも美しい自分を目指していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました