抜け感ってどんなもの?コーディネートに抜け感を出す着こなし方法

着こなすコツ

ファッションコーディネートに使う「抜け感」という言葉。

抜け感があるとおしゃれとされていますよね。
まず抜け感とは一体何なのか。実際のコーディネートに抜け感を作りたいときはどうすればいいのか。

今回はおしゃれな抜け感の出し方、抜け感のあるコーディネート方法をご紹介します。

スポンサーリンク

コーディネートにおける「抜け感」って?

ファッション用語として使われる「抜け感」というワード。
「抜け感があっておしゃれ」「抜け感のあるコーディネート」なんて使い方をされますよね。

でもこれだけでは抽象的で、具体的に何が「抜け感」なのか分かりづらいところ。

具体的な抜け感の意味

抜け感のある着こなしとは、いわゆる「隙」のあるファッションのことです。

コーディネートをキメ過ぎずにあえて着崩すことで、頑張り過ぎていないどこか余裕の感じられるスタイルに。
そういった力を抜いたリラックスファッションなど軽やかな雰囲気が感じられるスタイルを指します。

コーディネートに抜け感を出す着こなし方法

コーディネートのどこかに隙を作ることで「抜け感」が生まれます。
着こなしのポイントは軽さを出すこと。

肌見せ箇所を作る

肌が全身覆われているより、どこかが肌見せされていることでコーディネートに軽さが生まれ「抜け感」が出せます。

シャツは衿抜きしてゆるっと着ることでうなじラインを肌見せ。袖を捲って手首も肌見せ。
パンツなどボトムズはアンクル丈を選べば足首の肌見せが可能です。
丈の短いトップスでウエストをチラ見せするのも軽さが生まれます。
背中が開いたデザインの洋服も◎さりげなくおしゃれに大人の肌見せができますよ。

肌をはっきりと出したくない場合でも、シースルーの素材を選べばコーディネートに軽さが生まれて自然と抜け感が出せるのでおすすめです。

外しポイントを作る

かっちり見えがちなジャケットスタイルは、インナーにプリントTシャツを着たりボトムスにジーンズを合わせたりすることでカジュアルに着崩すことができます。
きれい目にまとめたレディーライクなコーディネートの足元をあえてスニーカーにするなども有効ですね。

着こなしのどこかを外すことでキメ過ぎたコーディネートにならない余裕が生まれます。

ゆったりオーバーサイズ

オーバーサイズのワンピースや、ゆるっとしたトップスなどでゆったりシルエットを選べばリラックス感を演出できます。リラックススタイルは肩肘張らない力を抜いたファッションに見せることができるので、頑張り過ぎていない「抜け感」コーディネートが簡単に作れておすすめです。

色使いの工夫

コーディネートはつい黒や濃いグレー、ブラウンなど、ダークカラーで締めたくなりますよね。

ファッションにメリハリがついて全体の印象が締まる着こなしも素敵なのですが、「抜け感」を意識した着こなしをしたいときには締め色を明るい色にするのもひとつの手。白や淡いベージュ、ライトグレーなどの明るい色で「あえて締めない」ことが「抜け感」につながります。軽やかな雰囲気が作れますよ。

ヘアメイクで抜け感

洋服の着こなし方だけじゃなく、ファッションは全身の見え方で完成されるもの。ヘアスタイルやメイクなどもファッションの重要な一部です。

ヘアスタイルで抜け感を作りたいときははビシッとまとめるより無造作を意識してみる。アップスタイルは後毛を出したり、トップをふんわりさせたりするのも「抜け感」が出せます。
メイクでは、アイメイクもリップメイクもベースメイクも全部ばっちりにせずどこかを軽くしてみる。例えばアイライナーを引かないメイクにチャレンジしてみるなど、引き算が「抜け感」につながります。

洋服もヘアーもメイクもネイルも、全てをばっちりキメるよりもどこかに隙を作ることが「抜け感」ファッション成功のかぎです。

自分のファッションスタイルに抜け感を取り入れるために

私パーソナルスタイリストChiharuが行っている『内面の一番外側を磨くファッションコンサルティング』では、ヒアリングをした上で好きなものや理想とするもの、ライフスタイルまで反映したファッションスタイルをご提案。マンツーマンでファッションスタイルを見つけていきます。

そして「抜け感」はもちろん、それだけではなくコーディネート全体をより素敵に見せるための着こなしHOW TO もアドバイスさせていただき、実際のスタイリングにコメントするのでご自身のリアルな着こなしのアップデート方法を感じていただけます。遠回りせずにおしゃれ度を高めることが可能。

自分らしい着こなし方やスタイリング方法など、「あなただからハマるおしゃれのコツ」をたっぷりお伝えしていますよ。これは大多数向けに発信された情報では得られないものです。

魅力を引き出しながら個性を活かすおしゃれの仕方・おしゃれの土台を把握していただけます。
「自分らしいおしゃれ」を見つけたい方はチェックしてみてくださいね。

抜け感を取り入れて簡単におしゃれ度を高めよう

盛り過ぎているところ、キメ過ぎているところ、力の入り過ぎているところなどを、引いてみたり力を抜いてみたりすることで簡単に「抜け感」を出すことができます。抜け感のあるコーディネートはそれだけでおしゃれ度アップ。隙を作ることを意識して、抜け感ファッションを完成させちゃいましょう!

▷パーソナルスタイリストChiharu/コンサルや、手持ち服を使った着まわしご提案、ワードローブの整理&活用アドバイスなども行っています!ご提供中メニュー一覧はこちらから: