体型別の服選び!コンプレックスを活かしたコーディネートで自信をつける

Fashion
スポンサーリンク

前回は、容姿のコンプレックスとの向き合い方と解消法をお伝えしました。
気持ちの部分で前向きにとらえること、こころが満たされることによって自信をつけていこう!といった内容でしたが
今回はもう少し踏み込んで、体型別の服選びというテーマからコンプレックスに向き合っていきます。

スポンサーリンク

体型コンプレックスは服選びで解消しよう


女性にとって体型コンプレックスは、永遠の悩みの種ですよね。
着たいと思っていた服が着こなせない、似合う服が分からない…と感じたことはありませんか?

体型は人それぞれ違うので、自分の体型に合わせて服を選ぶことが重要です。
自分に合っていればコンプレックスをカバーしつつ、スタイル良く見せることが可能ですよ。
体型別に似合う服選び、コーディネートをご紹介していきます。

体型別服選びのポイント


雑誌などで見た好きなコーディネートをそのまま真似してみてもなぜかしっくりこない、ということありますよね。
似合うバランスには個人差があります。例えば、Tシャツにデニムを合わせた定番コーデ。着る人によってアイテムのサイズ感や丈感の違いで、しっくりくるバランスが変わってしまうのです。
自分に合うバランス感やコーディネートの仕方を把握することで、なぜか似合わないを、なぜかお洒落!に変えていきましょう。

肩幅広めのがっちり体型

骨格がしっかりしていて、がたいがよく見えがちなこのタイプ。
フレームのある肩を活かしてゆるいトップスをカッコ良く着こなせるタイプでもあります!ゆるっとトップスにスリムなボトムス合わせで全身で強弱をつけるとスタイルアップしますよ。肩がしっかりあるからこそ、バシッとキマるコーディネートです。

逆にぴったりめのトップスだと、肩が強調されてしまい大きく見えてしまうので避けるのが無難です。それでもコンパクトなサイズ感のトップスを着たいときは身体にフィットしすぎない、少しゆとりがあるものを選ぶと良いですね。その場合、合わせるボトムスはワイドパンツやボリュームのあるスカートにして、更にベルトなどでウエストマークするとメリハリが強調できるのでおすすめです。

上下共にタイトなシルエットにすると骨のフレームが目立ってしまうのでどちらかをコンパクトスリムに、もう片方はボリュームを持たせてメリハリをつけると、バランス良く見えます。

肩幅狭めな華奢体型

肩のフレームがない分、少し物足りない寂しい印象になりやすいタイプ。
華奢さを活かして装飾的なトップスを着こなしましょう!首元や肩にフリルや、袖にボリュームがあるデザインスリーブのトップスなどが体型によく合います。

ベーシックな形のTシャツやシャツブラウスは物足りなさを感じさせてしまうので、どこかポイントになるデザインがあるものがおすすめです。シンプルなトップスを着たいときは、ネックラインが大きく開いているものやオフショルダーは首元が寂しい印象になりやすいので避け、首のつまったトップスを選ぶとバランスが取りやすくなります。

また、ゆとりのあるアイテムを使って全身のシルエットがストンと落ちるようなコーディネートにするのも華奢な骨格だからこそスタイルよく見せられるので、デザイン性のあるTシャツワンピースやシャツワンピースなどをバランスよく着こなすことができます。

高身長タイプ

背が高い方は、クールな雰囲気になりやすいので可愛らしい服が着づらかったり、トップスの袖やボトムスの丈が足りなかったりといった悩みがありますよね。でも、高身長だからこそ着こなせる洋服もいっぱいあります!

例えば定番アイテムのデニムパンツは、背が高いからこそさらっとキマリやすいです。ワイドパンツやフレアスカートなどボリュームのあるロング丈のボトムスを履きこなせるのも高身長ならでは。下にボリュームをもたせて重心を下げるとバランス良く見えます。
可愛らしい雰囲気にしたいときはマキシ丈のワンピースや透ける素材、花柄などを取り入れるのがおすすめです。


ショートパンツやミニスカートを履きたいときは、高身長ゆえに肌面積が多くなり露出が強調されてしまうので、足元はスニーカーやブーツなどで肌が出ないようにしてバランスを取りましょう。ヌーディカラーのパンプスや華奢なサンダル合わせにしたい場合はトップスを長袖にするなど、肌見せの範囲を意識してみると下品にならずに着こなせます。ロング丈のカーディガンやシャツをはおるのも良いですね。

低身長タイプ

背が低めな方には、レギュラーサイズの洋服が大きすぎたり長すぎたりしてサイズが合わない、バランスが取りづらいといったお悩みがありますよね。でもだからこそ、とにかく良いバランスを保つことができれば着こなしの幅はグッと広がりますよ!

バランスを取る方法として、重心が上にくるようにスタイリングするのがポイントです。色もの・柄もの・ボリュームトップスなど、パッと目につくものを上半身に使うようにする、髪型はアップスタイル、首元にストールを巻く、大ぶりのピアスやネックレスをするといった小物遣いもおすすめですね。

ワイドパンツやロングスカートなどボリュームのあるボトムスを履きたいときは、先ほどの上半身のポイントを押さえつつ、ボトムスの色をベージュやブラウンといったベーシックな馴染みカラーに、柄物の場合は小ぶりな柄にするなど、目線を下から外すようにすると着こなしやすいです。
サイズ感の合うロング丈のカーディガンなどのはおりものは、縦長ラインを作る上で欠かせないアイテムなので、お気に入りを見つけておくと万能に使えて便利ですよ。

自分の体型コンプレックスを活かす

「今のままでも私って最高!完璧!」と思えていたらそんなに幸せなことはないですが、誰しも少なからず気になる部分やどうしても体型に悩んでしまうことがありますよね。
自分にとっての悩みは、周りから見れば意外と気にならないポイントだったりむしろチャームポイントであったりするものですが、だからこそのコンプレックス。

でもこのまま悩んでいるよりも、一歩前進してコンプレックスと向き合ってみませんか?

ちなみに私は肩幅広めのがっちり体型、高身長タイプ。
気になる体型をむしろ活かして、長身でしっかりした骨格だからこそ存在感を放てるシンプルコーデを楽しんだり、ボリュームのあるロング丈ボトムスを履くだけでコーデが決まったり、良いところに意識を置いておしゃれを満喫しています♡


悩みを抱えたままでいるよりも、コンプレックスを利用してしまえば自分に自信がついて、怖いもの知らずになれますよね!
短所は長所でもあります。今の自分を大切に、今の自分を活かしていくことに注目してみると、思わぬ発見があったり前向きな思考が生まれたりするものですよ。
毎日を充実感いっぱいに過ごしていけるように自分と向き合って、コンプレックスさえも活かしてしまいましょう!

タイトルとURLをコピーしました