華奢な体型の女性がスタイルよく見える黄金シルエットのポイント

Fashion
スポンサーリンク

パーツの丸みが少ないことで女性らしい着こなしが難しい、華奢で細身な骨格で不健康そうに見えてしまう…。身体にボリュームが足りないとお悩みではありませんか?女性にとってスタイルカバーは永遠の悩みの種ですよね。でも肉感の少ないスリムな女性は、着こなし次第でスレンダーな憧れスタイルに見せることができますよ。体型の悩みを上手に活かしてスタイルアップしちゃいましょう。

スポンサーリンク

ボディラインが出過ぎない服選び

細身な体型であるために身体全体のボリュームが控えめという理由から、華奢さが目立たないように大きいサイズ感の洋服を選んでしまうと服に着られているように見えてしまいます。タイトすぎるシルエットも身体の薄さが目立ってしまい、華奢な骨格が浮き彫りになることで細さが不健康そうと見られてしまうなんてこともありますよね。

華奢で細身な女性はそのスリムさを上手に活かし、着こなし方で身体にボリュームをプラスして、薄く見えない憧れスレンダーシルエットを作り出してしまいましょう。ボディラインが出過ぎない服選びがおすすめですよ。

スタイルアップのポイント

Iライン・Aラインを作る

ボディラインを強調しない「Iライン」を作りましょう。Iラインとは上から下まで「I」字のように、強弱をつけない真っ直ぐなシルエットのことです。

大き過ぎずタイト過ぎないトップスと程よいゆとりのあるストレートパンツの組み合わせで、ストンと落ちるようなシルエットを着こなしてみてくださいね。またジャストサイズのロングカーディガンやロングコートといった縦に長いアイテムも簡単にIラインを作り出すことができますよ。

裾に向かって広がる「Aライン」のシルエットも華奢さをカバーできるのでおすすめです。
タックスカートやギャザースカートといったボリューム感のあるスカートは膝下〜ふくらはぎまでのミモレ丈を選び、トップスは大き過ぎないサイズ感を選んで全身でAのラインになるように意識してみてくださいね。裾広がり、または裾にボリュームのあるワンピースであればその一枚だけで完成しますよ。

装飾的なデザイン

飾りのないシンプルなデザインは身体の薄さが目立ってしまい、少し物足りない印象になってしまいます。洋服で身体に凹凸をつけるというイメージで、デザイン性のあるアイテムがおすすめですよ。ギャザーやフレアのボリューム袖、タックや共布リボンが施されたトップスなど、ポイントがあるものを選ぶようにしましょう。

肌見せは控えめに

肌見せをしすぎると、華奢な体型なために骨っぽさが目立ってしまい寂しい印象になりやすいです。ネックラインが大きく開いたトップスは避けたり、中にTシャツを重ねたりして肌の露出をカバーしてみてください。または上からストールを巻いたり、肩にカーディガンをかけたりしてボリュームを足すのもおすすめですよ。

体型を活かしてスタイルアップしよう

悩みをマイナスに捉えず、むしろその中で良いところを探して活かしてみる。少しポイントを抑えるだけで華奢で細身な体型も、スレンダーな憧れシルエットに簡単に見せることができますよ。自分に自信を持って長所を見つけていきたいですよね。スタイルアップの技をうまく使って、自分だけのファッションを楽しんでいきましょう。

こちらも参考に覗いてみてくださいね。『体型別の服選び!コンプレックスを活かしたコーディネートで自信をつける

タイトルとURLをコピーしました