着こなしで細見え!スタイルアップが叶う着痩せスカートの選び方

Fashion
スポンサーリンク

体型に自信が持てなくて素敵にスカートを履きこなせない、どんなスカートでも着太りしている気がする、そんなお悩みはありませんか?下半身のスタイルが気になるとボトムス選びは難しいですよね。着痩せポイントさえおさえれば、上手に体型カバーしてスタイルアップすることができますよ。体型の気になるパーツ別のボトムス選びのコツと、細見えするスカートの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

自分のバランスを知ろう


GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)
▶︎ツイストタイトスカート

バランス良く洋服を着こなすために大切なのは自分の体型に合うものを選ぶことです。そのためにまず自身の体型を把握する必要があります。カバーしたいパーツや気になる部分に向き合っておきましょう。その上で体型に合うシルエット、丈などを選んでいくと全身のバランスが整ってスタイル良く見せることができるようになりますよ。

気になる体型パーツ別スカート選びのコツ


Whim Gazette(ウィム ガゼット)
▶︎《WEB限定》シャンブレーマーメイドスカート

 

体型カバーしたい部分によって服選びの基準が変わってきます。自分の体型に合わせた細見えのコツを取り入れてみてくださいね。

腰まわりカバー


Loungedress(ラウンジドレス)
▶︎【TELA】コットンフレアスカート

腰ハリや腰のお肉が気になる場合、膨張して見えてしまうウエストをキュッと引き締めて見せる必要があります。ウエスト部分に切り替えがあるデザインや、ウエストまわりをコンパクトにおさめるために腰回りはフィットしているデザインを選ぶのがおすすめです。

ヒップカバー


GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)
▶︎ラミーフレアスカート

体型を隠そうとしてゆとりのあるデザインを選ぶと逆にヒップの面積が大きく見えてしまう場合があるので注意が必要です。ヒップカバーのためには、肉感を拾わせないために柔らかい・薄い生地を避け、ハリのある生地を選びましょう。

脚カバー


Whim Gazette(ウィム ガゼット)
▶︎ダブルクロスサイドスリットスカート

目立つ部分を隠して華奢なところを出すことでメリハリをつけるのがおすすめ。ひざが出ないようにふくらはぎほどのミモレ丈〜マキシ丈を選び、華奢な足首まわりだけ見せるとすっきりします。

 

スカートの種類別着痩せする選び方ポイント


DOUDOU(ドゥドゥ)
▶︎プリーツシャーリングスカート

体型のパーツ別と合わせてスカートのデザインによる着痩せポイントをおさえておけば、簡単に細見えする着こなしにできますよ。

フレアスカート


LIVETART(リヴェタート)
▶︎リネンアシメトリーヘムスカート

腰まわりはフィットして裾に向かってAラインになるフレアスカートは、フレアの広がりがありすぎると全体的に大きく見えてしまうこともあります。どのくらいの広がりが似合うかバランスをチェックしてみてくださいね。裾にデザイン性のあるフィッシュテールやアシンメトリーを選ぶと動きが出て、脚がすっきり見えますよ。

プリーツスカート


Whim Gazette(ウィム ガゼット)
▶︎リネンプリーツスカート

プリーツスカートは腰まわりにボリュームが出ないように気をつけましょう。ウエストプリーツが広がらない、おさまりが良いサイズ感を選ぶのが大事。プリーツ幅も細かすぎるとウエストからボリュームが出てしまうので、しっかり幅のあるプリーツがおすすめです。

タイトスカート


SHENERY(シーナリー)
▶︎ベルテッドリネンタイトマキシスカート

体型が気になる場合避けがちなアイテムですが、うまく着こなすとすっきりスタイル良く見せてくれるアイテムです。ウエストに切り替えやレースアップなどデザイン性のあるもので、スカート全面がフラットにならないタイプを選ぶとポイントになって視線が分散されるのでスタイルカバーに効果あり。またフィットしすぎない、ストンと落ちるIラインのシルエットを選ぶとすっきりします。

着痩せ効果で自信を持てるスタイルに


La boutique BonBon(ラブティックボンボン)
▶︎【手洗い可】ヴィンテージデシンマーメイドスカート

 

どんな体型でも自分らしくいられればそれで良いと思います。ただ体型が気になるとどうしても自信を持ちづらく、心からファッションを楽しむのが難しくなってしまいますよね。着痩せする服を選ぶことは、自分に自信を持ち、着こなしを楽しむためのもの。自分の体型をしっかり把握して好きな服を着て、ファッションを楽しみたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました