華奢で痩せ型の女性に似合う着こなし!苦手アイテム攻略法

Fashion
スポンサーリンク

自分の体型にコンプレックスがあっても好きな服を自由に選んで着たいですよね。本当は着たい服があるのに体型が気になって挑戦できない…何を選んでもうまく着こなせる自信がない…と諦めてしまっていませんか?体型別に得意・苦手とされるアイテムがありますが、ポイントを押さえれば苦手アイテムもスタイルアップして着こなすことができます。選び方、バランスよく見えるコーディネートの仕方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

華奢で痩せ型女性のお悩み

身体のパーツにボリュームが少なく丸みがないタイプの女性は、その細さゆえ不健康に見られてしまいがちですよね。ボリュームのあるサイズ感のアイテムは服に着られているような印象になったり、肌を出すことで骨っぽさが目立ち女性らしさを出しにくかったりもします。

悩み解消のポイント

身体の薄さが出ないように、服の選び方でシルエットにボリュームを足してしまいましょう!また露出をしすぎないようにして華奢に見える身体のパーツが目立たない着こなしにするのもポイントです。

苦手アイテムの着こなし方

オーバーサイズトップス

服に着られているように見せないために、ゆったりしたシルエットのトップスでも肩線が自身の肩幅に合うものを選びましょう。肩が浮いてしまっていると華奢さが強調されてしまいます。フリルやギャザーといったポイントのあるデザインスリーブを選んで、袖部分にボリュームを足すのもおすすめです。

肌見せ服

デコルテが見えるカシュクールの服や肩が出るオフショルダーの服などを着たいときは、中にTシャツやタンクトップなどのインナーを着てチラ見せしてもおしゃれなものは重ねてみましょう。肌の露出を抑えることで骨っぽさを隠すことができます。フリルやリボンなどがついているデザインでボリュームがある服を選ぶと身体の薄さをカバーできバランス良く見えますよ。

タイトスカート

身体にフィットするタイトスカートは骨格が目立つので着こなしが難しいアイテムですよね。華奢体型の方はシルエットをすっきりさせると寂しい印象になってしまうので、ボトムスがタイトなときは装飾的なボリュームトップスを合わせましょう。またざっくり編みなど表面に動きのあるカーディガンや厚みのあるアウターを合わせて全体のシルエットにボリュームを足すのもおすすめです。

着たい服を自由に選ぼう

コンプレックスがあって自分に自信が持てなくても、服の選び方や合わせ方を工夫すればスタイルアップして着こなすことができます。苦手意識のあるアイテムでもどんどん挑戦して、自分に似合うバランスを見つけて、着こなしの幅を広げていきたいですよね!ファッションを楽しめばきっと自信もついてきますよ。

タイトルとURLをコピーしました