足元おしゃれで失敗しない靴選び!自分に似合うバランスの見つけ方

Fashion
スポンサーリンク

「おしゃれは足元から」なんて言葉もありますが、日頃コーディネートを考えるときの靴選び、どの程度重要視していますか?

コーディネートを決める際、洋服だけ、靴だけ、と単体で見てしまうと
全身で合わせた時に靴だけテイスト違いでチグハグだったり、
靴のボリューム感が着こなしに合わずアンバランスになっていたり、
洋服がどんなに素敵でも靴選びを失敗すると、途端に残念なコーディネートになってしまいますよね。


逆に、足元のバランス良いと、全体の着こなしにまとまりが出ておしゃれ度が一気に高まります。

テイストを間違えない靴選びと、自分に似合うバランスの見つけ方をご紹介します。

スポンサーリンク

TPOを意識した足元コーデ

コーディネートを考える時に洋服から選ぶ方が多いですが、靴から決めるようにするとTPOを間違えにくく、着こなしの失敗が少なくなります。


例えば、公園に行く時にピンヒールでは場違いですし、デートでディナーへ行くのにスニーカーはまず除外しますよね。このようにシチュエーションに合わせたファッションは、靴が重要になっているのです。


予定に合わせてまず靴を選び、その靴に合う服装にすると
最後に決めがちだった靴を最初に選んでいるので洋服とのテイストのズレが起こりにくく、TPOをわきまえたファッションを楽に考えられます。

自分に合うバランスの靴選び

どんなテイストの靴もたくさん持てるのであれば話は別ですが、実際は置いておける靴の数も限られますし、どのようなタイプの靴を選ぶべきか悩みますよね。
厳選してワードローブに追加した靴を最大限活用するためにも、間違いない選び方をしたいですよね。


靴は洋服との相性も大切ですが、体型によっても似合う種類が変わってきます。

靴の存在感、ボリューム感は、全身のファッションバランスを整える上でとても重要なポイントですよ。

スリム体型

スリムな体型の方は、靴にボリュームを出すと足元だけが浮いて見えてしまいがちですが、スリムボディを活かして華奢な靴をバランス良く履きこなすことができます。


フラットシューズは、靴の厚みがないバレエシューズがおすすめです。
フェミニンなテイストが似合わない、クールな雰囲気にしたい、という方はマニッシュな雰囲気のローファーなどにしても
足元の主張が強くなりすぎないように装飾が控えめで、ソールの厚みがあまりないもの、
といった選び方をすると馴染やすくなりますよ。


同じようにスニーカーを選ぶときも、ボリューム感がありすぎるより、華奢な方がバランスが良く見えます。
ごつめのスニーカーを履きたい時はハイカットではなくローカットにしたり、凹凸があまりないフラットなフォルムのタイプを選んだりして履きこなしてくださいね。

グラマラス体型

グラマラスな体型の方は、靴の主張が弱いと足元が貧相に見えてしまいがちですが、主張が強いくらいのボリューム感がある靴でも足元だけが悪目立ちすることなく履きこなすことができます。


フラットシューズは、存在感のあるローファーがおすすめです。
フェミニンな印象にしたい時はバレエシューズなどにしても、装飾があるタイプや、色や柄に主張があるものを選ぶと馴染みやすいですよ。

同じくスニーカーも、厚みがなく華奢に見えるタイプより、ボリュームのあるごついタイプの方がバランス良く見えます。
ローカットスニーカーを履きたい時は素材に表面感のあるものや色柄の存在感があるものを選ぶようにすると、足元が寂しくならずにバランスがとりやすいですよ。

先端にまで気を配ろう

おしゃれをしようと思うとどうしても洋服から入りがちですが、どんなコーディネートも足元のバランスがとても重要です。
ネットで簡単に注文してすぐ家まで商品が届く時代ですが、靴は全身のバランス感、履いた時のフィット感が大切なので、さまざまなタイプの靴を試着して鏡を見て、自分に似合うバランス、体型に馴染む靴タイプを研究しましょう!
自分を知ることで、もっとおしゃれに磨きがかかりますよ。

タイトルとURLをコピーしました