人生をわくわく充実させる手帳術!書きたいことリスト

Stationery

スケジュール管理以外に、手帳を活用していますか?何を書けばいいか分からない…毎年買うけど続かない…きっとそんな方も多いのではないでしょうか。せっかく用意した手帳が空白でいっぱいなのはもったいないです。手帳にはスケジュール管理の他にもたくさんの活用法がありますよ。人生をより豊かに、わくわくした毎日にするための手帳術、書きたいことリストをご紹介します。

スポンサーリンク

手帳で自分のことを知ろう

手帳は、目標や理想を達成しやりたいことに向き合い、人生をわくわく充実させるためにとても役立つツールです。自分を見つめ、自分の気持ちを把握する。思いや記録を書き記すことで客観的に自分を知ることもできます。自分が好きなことは何か、やりたいことは何かを考えるきっかけにもなりますよね。なぜかモヤモヤするといった感情も、頭の中を視覚化するだけですっきりしますよ。

手帳に書きたいこと

毎日をわくわくした気持ちで過ごせるように、頻繁に目にする手帳に、自分の気持ちが高まることをたくさん書いておきましょう!手帳を開くたびハッピーな気分になれるはずです。落ち込んだときも元気が出る、そんな存在にしていきたいですよね。

年間目標

スケジュールと合わせて「今年の目標」を書いている方も多いですよね。「今年はこれを達成する!」というように大々的なテーマとして目標を掲げるのも良いですが、今年一年で達成したい細かい目標を書き出すのもおすすめです。

自己成長のための勉強、生活改善のために身につけたい習慣、行きたいイベント、してみたいことなどを、ざっくり書くのでは無く、こなしてしまえばすぐチェックをつけられるくらい小さなTODOにまで落とし込むことが達成するコツです。こんなことがしたいなと楽しく考えてみてくださいね。

10年プラン

将来こうなっていたいという理想や夢をイメージするのは楽しいですよね。そのイメージを、期間を決めて自分の人生に落とし込んで計画していきましょう!10年プランとして、10年後、9年後、8年後…の自分を、そのとき達成していたいことを書いていきます。そこに向かうために今日も頑張ろうと思えるモチベーションにも繋がりますよ。

やりたいこと

やりたい!と感じることをできるだけたくさん書くのもおすすめです。やりたいと思っていることをするのはわくわくできる時間ですよね。そういった自分にとって楽しいことを一覧にして書き残しておくと、気持ちが落ち込んだとき前向きになれますし、休日なども時間を有効に使うことができます。やりたいことを書き出すうちに、私こう思っていたんだ、という新たな自分を発見することもあります。何も思いつかない方は、日常のちょっとしたことにも目を向けてみてください。例えばお風呂上がりにビールを飲みたいとか、週一日はスイーツを食べるとか、そういったことも自分の幸せへつながる「やりたいこと」ですよね。

やりたくないこと

私はやりたいことと合わせて、やりたくないことも書いています。日常生活の中で、本当はやりたくないのにしていることって結構あって、自分に向き合ったことで把握できることもあります。やりたくないのになぜしているのか?もっと楽しい日々にするためにやりたくないことも書き出してやめられることはすぐやめてしまいましょう。

欲しいもの

すぐに欲しいものから、生涯で手に入れたいものまで書いてみるのも楽しいですよ。視覚化することで自分でも意識するようになるので、手に入れるための行動をするようになり、心の中でただ思っているだけよりも手に入りやすくなるのですよね。

行きたいところ

旅行してみたい場所や地域、行ってみたいお店など、食事でも服屋でもジャンル問わず書き出して見るのも楽しいですよ。カフェなどをリストアップして、休日にカフェ巡りとかも良いですよね。

わくわくするリスト化で充実の毎日を

自分の考えや思いを書き出して一覧にすることで、見返した時に分かりやすく、常に自分の目標や楽しみを忘れないでいられますよね。充実した日々を過ごすには、わくわくする気持ちが欠かせません。自分の気持ちが高まることをたくさん視覚化して、どんどん実行に移していきたいですよね。

タイトルとURLをコピーしました