【マイノートの書き方】頭の中の思考や情報を一冊のノートにまとめる方法

Life
スポンサーリンク

普段手書きする習慣はありますか?

ノートの使い方や書き方は人それぞれ。
いわゆる「マイノート」を作ってみたいけど内容が浮かばない、ノートを一冊にまとめる方法が分からない、なんて感じていませんか?

私はメモ魔で毎日ノートに手書きすることが欠かせません。
手書きすることで想像が広がり、思考をより深く練ることができる感覚があります。
さまざまなノート術を渡り歩いてきて、今は自己流の決まった使い方が出来上がっています。

そんな私の「一冊マイノート」の書き方や内容などをご紹介します!

スポンサーリンク

一冊のノートにまとめることのメリット

情報の一元化

あちこちにメモを書き残していれば、後々どこに何をメモしたのかが分からなくなってしまいます。
ノートを一冊にまとめることのメリットは「全ての情報がここにある」と断定できるので忘れようがないという点。

ちょっとした連絡事項や思いつき、そのとき感じた気持ちなどは、改めて振り返ってこそ役立つことが多いものです。
そんなときにどこに書いてあるのか覚えていない状態では振り返りようがないですよね。
思考を深め考えに磨きをかける上で、確実にメモがあることは大きな武器となります。

 

情報一元化の参考になる本はこちら!

自分を客観視できる

ノートに思考や考えなど手書きすることは、自分の頭の中を紙に書き起こすということ。
写し出した考えを見ることは自分を客観視すること。

頭の中だけで考えていたことはより具現化し、思考は一層深まっていきます。そしてノートから視覚的に考えをとらえることができるため、想像力はかき立てられどんどん洗練されていきます。

 

脳内で物事を練ることも良いのですが、ノートに書き出すことで自分でも気がつかなかった無意識の意識を知ることができたり、考えを整理しやすかったりといったメリットもあるのですよね。まさに客観視です。

そして情報のジャンルを区別せずノート一冊にまとめていることでさまざまなひらめきが他と連携しやすく、思考がクリアになっていきます。

 

こちらは自分の意識を文字に書き起こし、振り返るという意味でも参考になる本です。

「一冊マイノート」の書き方

  • 時系列で書く
  • ジャンル問わず書く
  • インデックスをつける

この三点は必ず行っています。

時系列で書く

ノートの最初のページから順に使うこと。途中で書きそびれたことがあってもページを空けておくなどはしません。

そして毎回日付を記すこと。これは肝心なポイント。いつのメモか分からないものは振り返ったときに情報の精度が途端に下がってしまうので、いつ書いたものか明確にすることはとても大切だと感じます。

ジャンル問わず書く

内容は本当にさまざま。
言ってしまうと、頭の中の全てを書き出すといった感覚でしょうか。何でも書いてOK。

 

ちなみに、基本的には大本となるメインのマイノートを一冊としていてほとんどの情報はここに入れているのですが、私の場合厳密に言うと読書メモは別で書いています。

元々は読書メモも「一冊マイノート」の一部でした。でも読書量が増えて振り返る機会も多くなったときに、本のことだけをさっと見つけるのが難しくなったのですよね。そこで読書ノートを別で作って今はこの形で落ち着いています。けれどこれもまた一体にしようか悩んでいるところ。やっぱり情報は一元化されているからこそ自分を掘り下げやすいとも感じているから。悩みどころですね。

ジャンル分けについてはまだまだ試行錯誤して、自分に合う方法を見つけていくしかなさそうです。

インデックスをつける

インデックスはとても便利なのでおすすめ。

私は巻末ページに内容のジャンルを書き、ページの端を部分的に黒塗りする→書いたページにも同じジャンルの部分を黒塗りするようにしていて、ぱっと見て何のジャンルなのか分かるようにしています。

これがないと情報をピンポイントで振り返りたいときにノートの全ページめくらなければならなくなるため大変非効率です。

黒塗りインデックスでなくても、ページ数を記載して目次を作るのも良さそう。

きれいに書かない

私が重要に思っているのは、きれいに書くことにこだわらないということ。
それよりも思考の広がりや考えを深めることに重きを置きたいから。

 

私のマイノートには字がぐちゃぐちゃに書かれているページも絵が乱雑に入り組んでいるページもあるのですが、それさえもそのときの感情。何が書かれているか分からないほどに崩して書いて(描いて)しまってはせっかくのメモがもったいないですが、振り返ったときに内容が分かる程度であれば書いているときに思考を広げることを優先するのがおすすめです。

 

ちなみに書くペンも、黒のボールペン一色。(たまに青)
使うノートと相性の良い、ペン先のあたりが好みなボールペンを使うことが多いです。

内容によっては万年筆を使うことも。
色をつけてカラフルにするよりも、ここでもやはり思考を深めることを第一にしています。
どうしても見やすく色分けしたかったら振り返ったときに色をつけると書いているときにはただ書くことに集中できそうですね。

「一冊マイノート」に書く内容

ジャンル問わずさまざまなことを書いているのですが、その内容は多岐に渡ります。

よく書いていることはこのあたりの内容でしょうか。

  • ひらめいたアイデア
  • 今考えていることを箇条書き
  • 何かから感じたこと、心で思うこと
  • マインドマップ
  • インスピレーションを受けたこと
  • 自分の理想像

などなど…とにかく脳内の全てを。笑
考えをまとめたいとき、思考を掘り下げたいとき、想像を広げたいときなどによくノートに向き合います。

 

この他にも、例えば自分の強みや優れているところを考えてみたり、欲しいものリストを一覧で書いてみたり、インテリアイメージの図案を出してみたり。
もちろんファッションについても書きます。
着たい服のデザインをしたり、新聞や雑誌の気になる記事をピックアップして貼り付けたり。

私は結構思いつく事柄が多いので、何かを感じたとき忘れないようにすぐに書き留めるようにしています。

 

メモすることについてはこちらの本が参考になります。

一冊のノートにまとめて思考を深める

ノートの書き方も書く内容も人それぞれ。
人によって合う合わないが必ずあるので、色々な方法を試してみて自分にしっくりくる方法を見つけるのが一番だと思います。

「手書きする」というのは、自分の考えや思考にしっかり向き合い、脳を活発に働かせるのに欠かせない行動。
自身を客観視し、ときに振り返り思考をさらに磨いていく。
アイデアは書き残し、生活のさまざまな部分で活かす。

そのためにも是非「一冊マイノート術」を試してみてほしいです!

タイトルとURLをコピーしました